2018年02月10日

明治HD、「明治プロビオヨーグルトR―1」の伸び悩み インフル流行を利用し「連日、R-1のCMで衝撃展開!吉田沙保里が妊娠?」【明治HD、10-12月期経常は10%減益 探株】【 「プロビオ」を当てた明治HDが減益に沈む理由 東洋経済オンライン】。




明治HD、10-12月期(3Q)経常は10%減益
 
 明治ホールディングス <2269> が2月7日大引け後(15:30)に決算を発表。18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比10.4%増の743億円に伸び、通期計画の975億円に対する進捗率は76.2%に達したものの、5年平均の82.1%を下回った。
  会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比7.7%増の231億円に伸びる計算になる。
  直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比9.7%減の281億円に減り、売上営業利益率は前年同期の9.4%→8.3%に悪化した。
  2018年02月07日15時30分  「株探(かぶたん)」より転載




明治HDの17年4〜12月期、純利益10%増 高単価製品が好調 
 

 明治ホールディングスが7日発表した2017年4〜12月期の連結決算は、純利益が前年同期比10%増の507億円だった。牛乳飲料「おいしい牛乳」や「明治 ザ・チョコレート」など利益率の高い製品が伸びた。販売促進費や広告宣伝費などを減らしたことも利益を押し上げた。
 売上高は微増の9368億円だった。アイスクリームやチーズが販売好調だった一方、主力のヨーグルト販売が苦戦したため。高機能ヨーグルト市場の成長が一服し、「明治プロビオヨーグルトR―1」の伸び悩みも響いた。
 営業利益は6%増の721億円、経常利益は10%増の743億円だった。スナック菓子「カール」を一部地域で販売終了するなど不採算製品の削減も利益率の改善につながった。国内乳価の上昇や輸入乳原料の価格高騰といった原料高の影響を吸収した。
 18年3月期通期の業績見通しは、売上高が前期比2%増の1兆2623億円、純利益が6%増の645億円とする従来予想を変更しなかった。
2018/2/7 20:30   日経より転載




 「プロビオ」を当てた明治HDが減益に沈む理由 東洋経済オンライン - Antenna


プロビオ」を当てた明治HDが減益に沈む理由. 東洋経済オンライン. 2016.05.21 10:20. 「プロビオヨーグルト」のバカ売れが止まらない。シリーズ売上高は4年連続で2ケタ成長となり、販売元の明治ホールディングス(HD)の業績を牽引している。 同社が5月11日に発表した前2016年3月期決算は売上高1兆2237億円(前期比5%増)、営業利益778億円(同51%増)と絶好調。純利益も626億円(同3%増)で、4期連続の最高益となった。 □値上げと「プロビオ」ヒットで最高益 明治HDの主… さらに見る ・ さらに見る.


posted by こたやん at 16:08| Comment(0) | 明治乳業争議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。