2018年02月02日

隠ぺい体質ひどすぎる!学校給食牛乳の1900人異味・異臭事故 子どもらが異臭と訴える。明治は風味と主張し、酪農家に原因を押し付けたが酪農家の氏名は秘密。新宿・板橋区は納得せず。



                                     20171227
                                                    

1. 学校給食で提供した牛乳(株式会社明治・戸田工場製造)の異味・異臭事故に関する申し入れ(2017年12月5日)
 日本共産党板橋区議団は、12月5日、板橋区教育長に対し、学校給食で発生した牛乳の異味・異臭問題で、原因究明と対策についての申し入れを行いました。教育長は「学校給食の安全安心を第一に、引き続き、東京都と株式会社明治との協議を続ける」と述べました。

【申し入れ文書全文】

板橋区教育長 中川 修一  様
                               2017年12月5日

                          日本共産党板橋区議会議員団

学校給食で提供した牛乳(株式会社明治・戸田工場製造)の異味・異臭事故に関する申し入れ
 去る9月25日、区立小中学校で提供された牛乳(株式会社明治・戸田工場製造)を飲んだ、児童・生徒及び教職員から、『味に違和感がある』との報告があり、全校調査の結果、当日に給食を実施した68校中24校(児童・生徒:約600名、教職員:約30名)の一部から、『いつもと違う味がする』等の訴えがありました。大きな健康被害は報告されていないとのことです。
 板橋区教育委員会は、株式会社明治に対し、原因究明と再発防止を要請し、牛乳の製造工場を同社神奈川工場に変更する措置を取り、現在も継続されています。
 株式会社明治は10月10日に第2報として、事故に関する報告を発表しましたが、その内容は、生産者に責任を押し付け、子どもの感覚の問題にすり替えるものであり、到底受け入れられません。
 そもそも、株式会社明治の説明には大きな矛盾があります。現在の流通・製造のシステムでは、広範な酪農家からの生乳がブレンドされ、製造された生乳は、明治だけでなく、他社の各工場に配送される仕組みとなっています。このようなシステムの下では、『生乳』に原因を求めることはできません。また、『塩素系の臭い』や『ガソリン臭』『消毒臭』は、風味の問題とは全く質が違います。
 私たちが専門家に聞き取りを行ったところ、考えられるのは、タンクやパイプ、瓶を洗浄する際に使う塩素系洗浄液(次亜塩素酸ナトリウム)が工場内の行程で牛乳に混入したということであり、社団法人『日本酪農乳業協会』が示している、『学乳における異味・異臭発生対応マニュアル』にも同様の事例やその対応が書かれています。
 学校給食の牛乳は、現状では東京都が入札を行い、学校給食会が配分を決めているため、子どもや保護者はもとより、区さえも製造会社を選択することはできません。本件は、子どもの命や健康に関わる重大な問題であり、原因解明のないまま、終わらせることはできません。
 よって、下記の内容について、要請するものです。
                    記
1、引き続き、株式会社明治に対し、原因究明を行うことを求めること。
2、株式会社明治の回答に変更がなく、原因究明がなされない場合、学校給食の牛乳に同社の商品を採用しないよう、学校給食会及び東京都に要請すること。
以上
◎ご意見・ご要望はこちらへ
日本共産党板橋区議団
☎03-3579-2717 


2. 給食牛乳異臭等について、「風味の違いで問題なし!」で終わらないように
 
伊藤陽平:新宿区議会議員 2017年12月15日 07:20
こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。
昨日の文教子ども家庭員会では、学校給食牛乳の異臭等について議論が行われました。
簡単に概要をご説明させていただきます。
学校給食で提供した牛乳の異臭等について:新宿区
9月25日(月) の給食で出された牛乳について、小学校で1061人、中学校で240人が異味、異臭等を感じたことが問題となりました。
当時は株式会社明治戸田工場製の牛乳でしたが、問題が発覚してから神奈川工場製へと変更が行われています。
幸いなことに健康被害もありませんし、理化学検査や微生物検査でも異常は認められていません。
とは言え、今後も同じような問題が起こる可能性はありますし、心理的に子どもたちに大きな影響を与えたことからも、全会派からも厳しい質疑が行われました。
まず、工場では人の舌により質のチェックが行われています。
健康被害が出ていないからとは言え、
「そもそも味に問題があるものを提供したこと自体にも問題がある。チェックを行う人に問題はなかったのか。」
と別の委員からもご指摘がありました。
また、味を平準化するために牛乳がブレンドされていますが、その過程で問題があった可能性もあります。
情報公開について教育委員会から業者へ求めていますが、
「プライバシーの関係で明らかにできない。」
の一点張りで、真相はわかりません。
今のまでは、根本的な問題解決にはつながりません。
そして、業者側の説明で最も納得できないのは、「異味、異臭」を訴える子どもたちがいても、あくまで味覚が敏感な子どもたちが「風味の違い」を感じ取ったことになっています。
何も問題がないことが強調されていますが、明らかに普段とは異なる牛乳が供給されていた状況で、この結論はありえません。
ここで、私の質疑についてもご報告させていただきます。
実は今年6月に茨城県でも類似した問題が発生しています。
学校給食の牛乳で370人体調不良茨城県、異臭訴え:日本経済新聞
今回の業者に関わらず、同じ問題が発生する可能性があります。
そして、茨城県の事例でも「風味の違い」ということで、問題がうやむやになってしまったのです。
新宿区では、戸田工場から神奈川工場へ変更し、現在問題は起こっていません。
しかし、業者や工場を変えたとしても、今後も同様の問題が発生して、「風味の違い」以上の説明が得られないとしたらどうでしょうか。
また、業者を変更しなければなりませんし、永遠にこの問題は解決しません。
今後、仮に同じような問題が発生した際にどのような対応をとっていただくのかについても、ご説明いただくことが必要です。
問題を100%防ぐことはできません。
一方で問題が起きた後の対応を改善することや、同じことを繰り返さないように対策が取れる可能性はあります。
類似した問題が発生した際に、風味の違い以上に原因が特定できるよう情報公開の姿勢を問うべきです。
牛乳については、東京都による入札が行われるため、新宿区が直接関わることはできません。
都に対して新たな企業が情報公開や説明責任を果たせるよう働きかけることを、要望をさせていただきました。

今回の一件で牛乳に抵抗を持ってしまう児童生徒もいたようです。
しかし、教員の努力により、元の状態に戻りつつあると伺っておりますが、ありがたいことです。
引き続き安全・安心な学校給食が提供されるように、文教子ども家庭委員会を通じて提言を行ってまいります。
それでは本日はこの辺で。

3. 学校給食の飲用牛乳について | ふじみ野市ホームページ
2017年9月26日
... 平成29年9月25日(月)に市内小・中学校に提供しました給食の牛乳につきまして、 児童生徒及び教職員の一部から異味異臭等を感じたとの報告がありました。 現在、 牛乳製造元である(株)明治戸田工場及び埼玉県にて原因調査中です。 本市では、児童 生徒の安心安全のため、9月26日(火)は自宅から水筒持参をお願いし、9月27日(水) は他業者のコーヒーミルクによる代替により対応しました。 今後は、(株)明治神奈川工場 製造の牛乳について安全性が確認できましたので、当分の間、これを提供し ...

4.和光市学校給食における飲用牛乳について
2017年12月22日 10時00分
 市内小・中学校において 、平成29年9月25日(月曜日)に提供しました給食の牛乳につきましては、児童生徒及び教職員の一部から異味異臭を感じたと報告がありましたことから、すでにお知らせしましたとおり、9月26日から安心・安全を第一に考え、別工場で製造された牛乳を提供しておりましたが、製造元の株式会社明治戸田工場から発生原因の究明及び再発防止策の報告を受け、安全性が確認できたことから、第3学期の給食開始日(中学校は平成30年1月10日、小学校は平成30年1月11日)より戸田工場で製造された牛乳の提供を再開いたします。
 なお、平成29年9月25日に給食提供のない大和中学校を除く小・中学校11校につきましては、株式会社明治から牛乳代金の返金がございましたが、平成30年2月に相当額の果物又はデザートを提供することで対応させていただきます。
平成29年10月11日
 市内小・中学校において、平成29年9月25日(月曜日)に提供しました給食の牛乳につきましては、製造元の株式会社明治のホームページ上に、対象商品における安全性と風味が異なる原因及び今後の再発防止策について報告がありました。
 リンク先(株式会社 明治) http://www.meiji.co.jp/notice/2017/detail/pdf/20171010.pdf
 すでにお知らせしていますとおり、平成29年9月26日から給食の牛乳につきましては、安心安全を第一に考え、別工場で製造された牛乳を提供しております。元の戸田工場からの提供再開時期につきましては、引き続き協議しておりますので、決まり次第お知らせいたします。
平成29年9月27日
平成29年9月25日(月曜日)に、市内小・中学校に提供しました給食の牛乳につきまして、児童生徒及び教職員の一部から異味異臭を感じたと報告がありました。現在、牛乳製造会社で原因調査中です。本市では、当分の間、児童生徒の安心安全を考え、別工場で製造された牛乳を提供してまいります。
 リンク先(株式会社 明治)  http://www.meiji.co.jp/notice/2017/detail/pdf/20170926.pdf
お問い合わせ
担当名:学校教育課 指導担当
住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所4階
電話番号:048-424-9149 FAX:048-464-7901

 5. 学校給食用牛乳について - 戸田市公式サイト
2017年9月27日 ... 学校給食用牛乳について. 平成29年9月25日(月曜日)に東京都内及び埼玉県内の一 部の小中学校に提供された学校給食の「瓶入り牛乳」について、異味異臭の訴えがあり 、埼玉県が工場に立ち入り検査したとの報道がありました。 戸田市の学校給食用牛乳 は「紙パック入り牛乳」であり、異味異臭などの訴えはありませんでした。 リンク先(株式 会社 明治) http://www.meiji.co.jp/notice/2017/detail/pdf/20170926.pdf 別ウィンドウ で開きます. ご意見をお聞かせください. お求めの情報が十分掲載され ...



posted by こたやん at 11:30| Comment(0) | 明治乳業争議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。