2016年04月22日

33)検証・都労委「明治乳業(市川工場)事件」(戸塚章介)。33)40年も生産に貢献してきた申立人らを「企業破壊者」と烙印を押したまま、話し合いさえ拒絶する。こういう会社を説得するのも労働委員会の務めではないか。



検証・都労委「明治乳業事件」 戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)




「明乳市川工場事件」余聞

 「検証・都労委『明治乳業事件』」が1年3ヵ月ぶりに終わりほっとしたとたん、思わぬところに愛読者がいることが判明した。私の批判の対象である当の明乳労務と弁護団である。

 昨27日、中労委で明乳全国事件の審問が行われた。時間前に控室に顔を出すと争議団長の小関さんが声をかけてきた。今日のこちら側証人に対する反対尋問用におれのブログが証拠として出されているというのだ。今年7月17日付のもので、全国事件の申立に至った経緯を綴っている。

 中に「この申立は和解対象者を明確にすることが目的で・・・」という記述がある。要するに全国事件は和解のために申立てたのであって、命令を求めて本格的に争うつもりはなかったのではないか、というわけだ。昨日の審問でも大阪の井村証人に対してそのような趣旨の質問があった。

 井村さんは「私たちは全国の仲間でかねてから差別是正のたたかいを起こす方針を決めていた」と言い切り、会社側弁護士もそれで尋問を打ち切った。それにしてもささやかな私のブログを鬼の首でも取ったように仰々しく中労委に証拠として提出する会社も会社だ。審問が申立人側の優位に進んでいることへの焦りなのだろう。

 おれは昨日の審問を聞いて中労委での明乳全国事件は勝負あったと確信した。格差の存在、会社の不当労行為意思、申立人らの正当な組合活動が余すところなく証明された。無理な屁理屈を並べた都労委の棄却命令が覆ることは確実だ。だが本件は命令を出せば済むという段階を越えている、とおれは考える。

 申立人らはすべて定年退職して職場にはいないのだ。不当労働行為制度は過去の紛争に白黒をつけるばかりでなく、将来の紛争当事者の関係正常化をはかることも重要な目的としている。明乳という会社はこれからも企業としての社会的責任を果たさなければならないはずだ。自分の会社で40年も働き、生産に貢献してきた申立人らを「企業破壊者」と烙印を押したまま、話し合いさえ拒絶するということでいいのか。そこのところを説き起こして会社を説得するのも労働委員会の務めではないか。

 いずれにせよこのところ影が薄い戸塚の名前を公の場に出してくれた明乳労務と弁護団に感謝する。まだ舞台裏に引っ込んではいけないと激励されたものと受け止めてもうひと踏ん張りするつもりだ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。