2013年06月05日

残業代不払い容疑で書類送検   愛媛銀行と元副支店長を   行員7人に時間外労働の賃金計約305万円を支払わなかったなどとして、労働基準法違反の疑いで書類送検した     東京


○  愛媛銀行と元副支店長を書類送検 残業代不払い容疑

 新居浜労働基準監督署は4日、行員7人に時間外労働の賃金計約305万円を支払わなかったなどとして、労働基準法違反の疑いで愛媛銀行と元新居浜支店副支店長(53)を書類送検した。

 送検容疑は、2011年4〜12月、新居浜支店の行員7人が労働時間を実際より少なく申告しているのを把握していながら、7人の申告に基づいて時間外労働の賃金を支払い、実際の労働時間に基づいた賃金との差額や深夜労働の賃金を支払っていないなどの疑い。

 愛媛労働局によると、実際の労働時間では7人には計約908万円が支払われるはずが、603万円ほどしか支払われていなかった。

6月4日東京より引用




posted by こたやん at 07:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。